強迫性障害の治療薬について

 

元々、強迫性障害とは、本能的にその本人が嫌な思考あるいはイメージなどが、自身の意思などとは無関係に繰り返しながら不安や嫌悪感などを過剰に伴う強迫観念と、それを除こうとして行うための行為による動作などの強迫行為の、それぞれ2つからなる障害といえます。

 

 

 

これらの意思面と行動面の2つからなるのが強迫性障害ならではの、大きな特徴でもありますので、これらの両者からなる要素を、薬物療法と精神療法からなる方法で、一般的に抑えたりしてきた医療機関や専門医師などによる治療経緯があります。

 

 

 

ここではそれらのうち、強迫性障害の薬物療法においての治療薬の概要について、ある程度触れてみます。元々この精神疾患自体は、神経系内においての必要成分であるセロトニンが、何らかの事情による異常で起きるといった点で、パニック障害やうつ病などと同じという点で、抗不安薬やフルボキサミン、クロミプラミンなどの治療薬類が使用されたりするような場合が多いようです。

 

 

 

抗不安薬はパ二ック障害などにおいて使用される即効性が強い治療薬ですが、依存性が強い点から、医師からの注意が多い薬剤といえます。フルボキサミンも別名をSSRIと呼ばれ、パニック障害の治療薬などとして使用をされたりするような場合がありますが、これはセロトニンの増加作用のみをもたらす薬にあたります。

 

 

 

クロミプラミンは、元々うつ病用の治療薬でしたが、強迫性障害の疾患などにも効果があることが最近の研究でわかり、用いられるようになった、治療薬の部類にあたります。何れの薬剤類も、強迫性障害での治療においては、ある程度の期間において効果が出るのに時間が掛かる場合がありますので、長い目で治療そのもののあり方を見ていく必要性といったものがあるといえます。

 

 

 

そして、何れの治療薬も誤った用法などで使ったりした場合とかには副作用が出たりするような事態も十分有り得ますので、ようく注意をしなくてはなりません。このため、用いる際には専門医の先生などからの指示が、必要な場合もあります。

 

 

強迫性障害は、一つの事柄が自分の意志ではどうにもならない程気になってしまうことから、不安感や恐怖感に悩まされる病気です。
病院で強迫性障害を治療する為には、うつ病やパニック障害と同じSSRIという「セロトニン再取り込み阻害薬」が処方されます。

 

 

 

 

これは、脳内の幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やすことで、一つの事柄に囚われない、リラックスした気分にすることが目的です。
しかしSSRIには副作用が大きいことから使用をためらう人も多くいます。
医薬品に頼らず強迫性障害を改善したいと思ったら、サプリを試してみるのも良い方法です。

 

 

 

 

 

例え一つの事柄に囚われても不安や恐怖を感じない為には、副交感神経を優位にして身体の緊張感を解き、精神的にリラックスさせることが大切です。
その為にはセロトニンを増やすことが大切ですが、セロトニンそのもののサプリはないにしても、セロトニンの生成をサポートする成分を補充するサプリがあるのです。

 

 

 

 

 

・セントジョーンズワート

 

セントジョーンズワートは「西洋オトギリ草」と呼ばれ、自然のハーブが素材のサプリです。
このサプリにはうつ病や強迫性障害を始め、睡眠障害やストレスを改善させる効果があるとして知られています。
自然由来の成分ですので副作用が殆どなく、初めての人でも試し易いサプリです。

 

 

 

 

 

・マインドガードEX

 

マインドガードEXは、セロトニンの生成をサポートするトリプトファンが含まれています。
睡眠障害のサプリとして知られていますが、うつ病やパニック障害、強迫性障害に効果のあるサプリして知られています。

 

 

 

 

 

・セロトアルファ

 

セロトアルファはセロトニンではなく、大麦発酵酵素やカルシウム、ビフィズス菌が含まれたサプリです。
体内のアミノ酸を活性化させることで睡眠障害を改善させ、結果的に精神を安定させてセロトニンを増やすという効果が期待できます。

 

 

 

 

 

サプリの効果は医学的には証明されていないものです。
しかし強迫性障害の根源が精神的なものから来ているとなると、サプリにより精神的に不安定な部分を底上げすることで、症状の改善に繋がるということは否定できないのです。

続きを読む≫ 2016/10/14 16:26:14

 

 

脳内伝達物質の異常、大脳機能が正常に働かなくなるなどの原因で発症する「強迫性障害」に悩む方は多くおられます。程度も人によって様々で、一見しただけではわからない軽度の人から、すでに日常生活に支障をきたすまでの重度の方がいます。

 

 

 

 

 

「玄関のカギ確認をしなくちゃ」と何度も戻る人は慌て者・あるいは几帳面な性格の人と間違われますし、よくある風景でもあるので、それだから一概に病人、とはとられにくいのです。軽度の方は自分の認識も低く、ただの困った性格、で通って見過ごされているかもしれません。

 

 

 

一方で症状が進み、不安からくる強迫行為に生活を圧迫されるまでになる場合が多く見られます。潔癖行為など繰り返し活動に明け暮れ、ふだんの生活が成り立たずに困り果てて、家族に入院を打診されることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

強迫性障害は、軽い場合なら通院、重度の場合は入院も視野に入れての治療が望まれます。精神系の医療機関では、強迫性障害に対しては「薬物治療」そして「認知行動療法」のふたつが並行して行われます。強迫性障害はできるだけ早いうちにしかるべき処置を医療機関で行えば、他の疾患同様改善が見込まれます。

 

 

 

 

ただ、強迫性障害を「完治する」とは考えない方が良いかもしれません。強迫性障害の治療は、そういった症状の原因をなくし、さらに症状を緩和させてできる限り日常生活への支障を軽くする、という意味での改善を目的にしています。ある程度不安や症状が残る状態でも、日常との共生が可能であれば、その時点でよしとする患者さん・医療機関もあるでしょう。

 

 

 

 

 

大切なのは、症状が元に戻ったり、さらにひどくなるぶり返し、すなわち再発を防ぐという観点です。投薬に関しては、症状がだいぶ改善されてからも、しばらくは医師の指導に従って飲み続けましょう。

 

 

 

退院後も通院に切り替えて事後の経過を見る必要がありますし、また通院だけの場合でも頻度は少なくしながら、再発を避けるためにも、数年間は医師との相談を続ける必要があります。

続きを読む≫ 2016/10/14 16:25:14

 

 

一度気になってしまったことが頭から離れず、何度も確認を繰り返してしまう強迫性障害。その強迫観念や強迫行為が強すぎるために、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。原因のはっきりしていない病気ですが、大きなストレスがあると発症してしまうというケースもあります。ストレスと強迫性障害の関係性について考えていきましょう。

 

 

 

強迫性障害は、セロトニンという神経伝達物質との関わりが強いことがわかってきました。このセロトニンなどのバランスが乱れることで、脳の一部とつながっている神経ネットワークに問題が起きてしまいます。これに加え、なんらかのきっかけと、大きなストレスがあると強迫性障害になってしまうことが多いようです。

 

 

 

強迫性障害は薬や行動によって治療することができます。ですが一旦症状が落ち着いても、再発の危険があるのが強迫性障害。病院を受診する場合は、症状が治まったあともしばらく通院が必要になります。

 

 

 

 

特に、症状が再発しやすいタイミングというのが体調不良やストレスなどが続いた時です。症状が落ち着いた時に、ストレスが溜まってしますと再発しやすいようです。
発症の直接的な要因ではないストレスですが、発症後にはストレスが溜まると症状がさらに悪化してしまうなど、様々な影響があります。まずおかしいのは自分だけではない、と考えることが重要です。強迫観念や強迫行為は様々な人に見られます。

 

 

 

鍵をしめたか不安なんてことよくありますよね。実際に症状が出ていても、周囲の人には見えないため、隠してしまえばわかりにくい症状ばかりです。誰にでもよくある状態だと思えば、一人で抱え込むことも少なくなり精神的負担も減るはずです。

 

 

 

自分だけがおかしいのかもしれない、と思わずに周囲の人に相談したり病院を受診したりして自分の状況を理解することも重要です。また、この病気は正しく治療すれば充分改善できます。自分の症状と向き合い、医師にしっかり伝えることで症状は落ち着いていくはずです。

続きを読む≫ 2016/10/14 16:23:14

 

強迫性障害の症状として
・戸締りなど何度も確認しないと気になってしょうがない
・何度体を洗ってもまだ菌が付着してるような気がしてならない
他にも色々ありますが何か1つ気になることがあったらずっとそのことが気になってしまうというのが共通項になるかと思います。

 

 

 

 

 

症状を緩和させるためには心がリラックスする状態を作ることが大切になります。
とは言えども、強迫性障害はとても難しい病気です。食事はあくまで補佐と考えてもらえると良いかと思います。

 

 

 

 

 

まずはセロトニンです。セロトニンの働きの中のたった2%にはなるのですが、精神の安定という働きがあります。セロトニンは体にストレスの負荷がかかったとしても怒りや不安を適度にブレーキをかけ、リラックスさせる作用があります。

 

 

 

 

 

セロトニンはトリプトファンから作られます。
このトリプトファンが多く含む食べものを摂りましょう。

 

 

 

 

青魚(ぶり、いわし、さんまなど)、赤身のお肉、パスタ、そば、そうめん、チーズ、納豆は主な食材で100gあたりのトリプトファンの量が100mgを超えているものになります。
良質なタンパク質をしっかりとってもらえれば良いかと思います。

 

 

 

 

 

次にギャバです。
ギャバは研究によって抗ストレス作用による免疫力低下の抑制と睡眠の質をあげてくれるということが分かっています。また、強迫性障害はそんなにも差し迫った危険ではないのに不安になったり怖くなったりして前述したような行動を起こしてしまいます。ギャバはこれらの興奮を抑える働きも持っています。
含まれる食べ物として、トマトが断トツで次にじゃがいも、発芽玄米、なすに多く含まれています。ギャバは野菜を中心に多く含まれています。

 

 

 

 

 

セロトニンとギャバの相乗効果で、夏であれば冷やしそうめんのトッピングにトマトやナスを置いてみたり、赤身のお肉とじゃがいもの組み合わせの肉じゃが、発芽玄米で炊いたご飯に納豆をかけて食べたりなどあります。

 

 

 

 

少しでも緩和させられるようにまずは身近な食事に気にかけてみられてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2016/10/14 16:22:14