強迫性障害に効果のあるサプリとは

 

 

強迫性障害は、一つの事柄が自分の意志ではどうにもならない程気になってしまうことから、不安感や恐怖感に悩まされる病気です。
病院で強迫性障害を治療する為には、うつ病やパニック障害と同じSSRIという「セロトニン再取り込み阻害薬」が処方されます。

 

 

 

 

これは、脳内の幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やすことで、一つの事柄に囚われない、リラックスした気分にすることが目的です。
しかしSSRIには副作用が大きいことから使用をためらう人も多くいます。
医薬品に頼らず強迫性障害を改善したいと思ったら、サプリを試してみるのも良い方法です。

 

 

 

 

 

例え一つの事柄に囚われても不安や恐怖を感じない為には、副交感神経を優位にして身体の緊張感を解き、精神的にリラックスさせることが大切です。
その為にはセロトニンを増やすことが大切ですが、セロトニンそのもののサプリはないにしても、セロトニンの生成をサポートする成分を補充するサプリがあるのです。

 

 

 

 

 

・セントジョーンズワート

 

セントジョーンズワートは「西洋オトギリ草」と呼ばれ、自然のハーブが素材のサプリです。
このサプリにはうつ病や強迫性障害を始め、睡眠障害やストレスを改善させる効果があるとして知られています。
自然由来の成分ですので副作用が殆どなく、初めての人でも試し易いサプリです。

 

 

 

 

 

・マインドガードEX

 

マインドガードEXは、セロトニンの生成をサポートするトリプトファンが含まれています。
睡眠障害のサプリとして知られていますが、うつ病やパニック障害、強迫性障害に効果のあるサプリして知られています。

 

 

 

 

 

・セロトアルファ

 

セロトアルファはセロトニンではなく、大麦発酵酵素やカルシウム、ビフィズス菌が含まれたサプリです。
体内のアミノ酸を活性化させることで睡眠障害を改善させ、結果的に精神を安定させてセロトニンを増やすという効果が期待できます。

 

 

 

 

 

サプリの効果は医学的には証明されていないものです。
しかし強迫性障害の根源が精神的なものから来ているとなると、サプリにより精神的に不安定な部分を底上げすることで、症状の改善に繋がるということは否定できないのです。